猫洞通りの家具と雑貨の店sahan

トートーニーへ行ってきました。

2017.11.11 Saturday

今月開催の【トートーニー 靴の受注会】へ向け

蔵前のトートーニーさんへ出かけてきました。

 

東京駅からバスで。

大好きな浅草(私の中のテーマパーク 江戸博物館も近い)、問屋街も抜け

たどり着いたビルは、趣のある渋ビル。

『キシリトール』を、日本で初めて輸入した会社のビルだったと、聞いた気がする。

 

少し早めに着いたので、写真を撮りまくっているところを

トートーニー代表 神田さんに見つかる。

 

 

トートーニーさんとの出会いは、スリッパ。

一枚の革から。

その視点にとても興味がわいた。

しかも、体験したことない、笑ってしまうくらい、気持ちよく

自分の体の皮が一枚増えたようなスリッパだった。

 

それから、バッグ、財布とアイテムが増え

ついに靴が出来上がった。

神田さんから、靴を作ることを目的として始めたことだと

以前から聞いていたので、まっすぐそこへ向けて進み

実現させた。

 

その靴が、また素晴らしかった。

 

 

 

 

 

 

義肢装具士(医師の指示によって、義手、義足、コルセットなどの義肢装具部位の型採り・製作をし、体への適合を修正する技術者)

と一緒に、足裏に優しくフィットするインソールを開発し(上の写真)

ゴムと革が一体となったアウトソールで(2枚目の写真)

スニーカーと、革靴の間のような、軽くて履き心地の良いコンフォートシューズになりました。

足の健康を考慮して作られた、履き心地重視の靴が多い中

フォルムもすっきり、美しい靴に仕上がっています。

 

エナメルなど、色やラインナップも揃いました。

(21.0〜28.0僉0.5僖團奪)

ここでぜひ、皆様へご紹介したく、この会を設けました。

 

今回は、トートーニー 神田さんもお越しくださり

採寸、フィッテングもさせていただきます。

サンプルは、0.5僖團奪舛如△垢戮涜靴い泙后

ぜひ、この機会に一度お試しください。

 

心より、お待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連する記事
コメント
コメントする